絵筆と鉛筆 気ままな旅

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
男鹿半島 2017年4月 no3


   男鹿市船川

 漁港と言うより船だまり。
 小さな岩山を生かしてかわいい船が並んでいる。
 ここに来ると心が安まる。
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
男鹿半島 2017年4月 no2







 4月29日の朝は猛烈な雨と激しい雷鳴で目が覚めた。
 一瞬どこかから何かが飛来したのかと。。。。秋田の男鹿半島に居るだけに不安なことも頭をよぎります。
 この日は日本全国荒れた天気だったようで。

 夜は定番の太鼓「恩荷」の演奏を聴く。若い力が奏でる響きは雷鳴に勝るとも劣らない迫力があった。
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
男鹿半島 2017年4月 no1


 潮瀬崎の灯台

 まだスケッチの整理ができていませんのでとりあえず写真で。。。





 二日目の朝まず最初に目に飛び込んだ風景。
 
 ハングル文字が書かれた木造船が一人の遺体を乗せて漂着。
 警察による検分やら後かたづけが一通り終わったところでした。
 遺体は見えません。

 この辺り一帯は絶好のスケッチポイントですが、この日は描かす。

ところで あちらからは空と海からいろんなものがやってきますね。
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
灯台


 潮瀬崎灯台。

 12年前描きかけのスケッチに手を加える。
 こんなことも楽しい。
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
向こうは海


 男鹿半島 北浦入道崎
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

   
 今年も東北に紅葉の季節が迫ってきた。

 10月末の予定の合間をねらってJALの予約ページを見るとすでに満席だった。
 もっとも、28日前までに予約する先得予約ですが。これだと運賃は半額。
 人気商品だけに、やっぱりどなたも狙うんですね。
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
廃船 3年ぶり
DSCF3669.jpg

 奥入瀬から男鹿半島へ。
 大きな睡魔に襲われること3度、休憩もせずぶっ飛ばして約3時間半。 無事男鹿半島入道崎に到着。
 まず崖下の廃船はまだ健全かと確認へ。(廃船が健全かとは変な表現ですが)
  
 朽ちつつあるとはいえ、骨組みの強固さはみごと。船大工の技術の高さがうかがえる。
 3年ぶりの対面です。  
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
気になる処


 男鹿半島は入道崎先端の崖下。

 下に見える舟屋と朽ちた舟が気になります。もう3年間も会っていませんので。
 この春には是非とも行きたいのですが。
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
小さな入り江


20日にアップした場所を逆方向から見た風景。
5月に訪れると最高です。   
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
男鹿半島にて


 春になると行きたくなるところの一つ。
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 23:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE