絵筆と鉛筆 気ままな旅 

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
鶯の枝ふみはづすはつねかな


 鶯が枝を踏み外したのだ、勢い余った調子はずれの初音よ。(玉城司訳)

 下手なだけに無駄な力が入ってしまうのでしょう。
 近くの林を歩くと、まだまだ下手ですね。私の口笛の方がうまいかも!!!
| テラ | 蕪村句集より | 18:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
新緑の湖


 平荘湖の新緑。

 新緑が美しい季節ですが、ややくすんだ葉っぱになってしまった。
 今回はKCC水彩画の皆さんと描く。涼しい緑陰でのスケッチは快適でした。

 制作中に地元ケーブルテレビ「バンバンテレビ」に突然の取材を受ける。
 「おもしろい方ですね先生は」とお若い女性アナウンサー。
 どこがおもしろいのか、ただちよっと緊張して対応しただけですが。

 6月16日にこの作品が放映されるかもしれません(ただし彩色なしの段階)。
 お暇な方はご覧ください。
| テラ | 加古川の風景 | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
熱  中


 去る9日の野外制作で描くiさん(88歳)
 この日は1時間ほど早めにご帰宅。
 「明日ゴルフに行きますので」・・・・まいりました。
| テラ | 人物 | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
野外制作


 加西市  北条線 法華口駅


 帰宅後別のスケッチブックに描いている法華口駅を見ると、
 う〜〜ん、構図はこちらの方がいいな。


| テラ | 兵庫県内 | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
春雨やものがたりゆく蓑と傘


 蕪村は二人の姿からもっと艶っぽさなど、いろいろ想像したのでしょうが、この絵は男二人。
 描いた後で、あっ しまったと、後の祭り。
 蓑を着た男に「そだね」などと言わせては、なおのこと。
| テラ | 蕪村句集より | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
冬のため池


             油彩 F10


 入院中の手術を控えた方の少しでも暇つぶしになれば、と思ってアップしました。
 ○○さん早く元気で退院しましょう。みんな待ってます。
| テラ | 淡路市 | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゆさゆさと春が行くぞよのべの草
| テラ | 小林一茶の句集より | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
山吹や 先御先へと とぶ蛙


 山吹が咲いたよ。まずお先にお先にと飛ぶ蛙(玉城 司訳)
 蛙は、鳴くよりもまず跳びたかったのでしょう。
| テラ | 小林一茶の句集より | 20:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
日本一の藤公園


 住む町の藤が日本一、とそう思うのは人情。

 ここは岡山県備前市の藤公園。

 平日でも駐車場は満杯。  
| テラ | 風景 国内 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
白髪同士春をゝしむもばからしや


既に白髪だ、春を惜しむ風体とはほど遠いな。

なにしろ、生きてきた年月より残りの月日の方が遙かに短い、とあって何とも不思議な、
言葉に表しにくい妙な気分になるときがありませんか。。。。
おっとと、無理に同調者を募って引けませんな、
| テラ | 小林一茶の句集より | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE