絵筆と鉛筆 気ままな旅

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
男鹿半島 2017年 NO23   静かな漁港


 ここに来るたびに「ああまだ生きているのかこの漁港は」が実感・・失礼ですが。
 船もきれいだし、生の息づかいが聞こえてくる。
 その証拠に、おじさんが屋根の修理をしている。!!!
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
染まる


   加古大池の夕日。

   兵庫県一のため池の入り日。
   若者が盛んにシャッターを切っておりました。
| テラ | 兵庫県内 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
門  鶴林寺


 描いている横を団体の参拝客が通り過ぎていく。
 何人かは立ち止まるか、またはごく短い会話が生まれます。
   短い順にだいたい次の三つ。
 こんにちわ
 どちらから
 絵はお好きですか

 まあ、1分間も続きませんが!!!!  
| テラ | 加古川の風景 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
菩提樹と沙羅の花咲く寺
       

       西国第27番霊場刀田山鶴林寺。

       今日は洋画クラブの写生会。
         木陰の下が時間とともに直射日光の下に。
       日光に当たるだけで疲れてしまった。軟弱です・・・・。

       菩提樹の花はほぼ満開。
       沙羅の花はまだ堅いつぼみでした。
| テラ | 加古川の風景 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
男鹿半島 2017年 no22


 入道崎にて。

 小屋の入り口が固く閉ざされていた。
 木訥なあの主はもう引退したのだろうか。
 行く度に少しずつ寂しくなる。
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
田植え前


  5月31日の淡路市の棚田。

  1週間が経っているのでもう田植えは終わっているかも。 
| テラ | 淡路市 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
男鹿半島 2017年 NO21
       

        入道崎 海底透視船乗り場。
 
 昨日アップした作品の岩場の上から見た風景。

 同じような場面が続きますがご容赦を。
| テラ | 男鹿半島スケッチ | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
男鹿半島 2017年  NO20
        

         入道崎の海底透視船乗り場。
        
         見上げる風景もいいが、見下ろす風景もいい。
| テラ | - | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
水入る


     田植え前 淡路市生田。

 既に苗が風に揺れている田もある。
 水を張った田が光を反射する風景も、また風情がある。
| テラ | 淡路市 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
男鹿半島 2017年  no19
         

          廃船  油彩 F100
| テラ | 男鹿半島 油絵 | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE