絵筆と鉛筆 気ままな旅 

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
<< 小路ゆけば ちかく聞ゆる きぬた哉 | main | 埋火や 我かくれ家も 雪の中 >>
石を打つ 狐守る夜の きぬた哉



火打ち石で火を打ち出す狐から家を守る、夜半に打つ砧の音よ。(高城 司訳注)
| テラ | 蕪村句集より | 04:09 | comments(1) | trackbacks(0) |
順調に更新されて、「テラ節」復活に乾杯です!
蕪村は庶民の暮らしを優しく温かい眼差しでみているところが嬉しくなります。
その句を絶妙なアングルでとらえた絵が庶民の心にピッタリ来ます。
| ちゃぐまま | 2018/10/03 1:40 PM |









http://a-pencil.jugem.jp/trackback/3059
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE