絵筆と鉛筆 気ままな旅 

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
<< 演奏者 | main | 白髪同士春をゝしむもばからしや >>
夕飯の膳の際より青田哉


 開けはなって涼しい風の向こう見える青田の穂が揺れている。
 父祖伝来の青田、田はやはり大きな財産。そこに涼風。そして夕飯。
 充足する姿がひしひしと伝わってくる。
 
 青田に吹く風、1年の内で最も爽やかな風かも。
| テラ | 小林一茶の句集より | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://a-pencil.jugem.jp/trackback/3007
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE