絵筆と鉛筆 気ままな旅 

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
<< かすむやら目が霞やらことしから | main | すりこ木のような歯茎も花の春 >>
梅咲て身のおろかさの同也


 梅が咲いても、わが身の愚かさは変わりませんなあ。  故郷の家を懐かしみながら、江戸住まいのわが身を詠んでいるようです。(玉城 司訳)  
| テラ | 小林一茶の句集より | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://a-pencil.jugem.jp/trackback/2986
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE