絵筆と鉛筆 気ままな旅 

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
<< とくとけよ貧乏雪とそしらるゝ | main | 人誹る会が立なり冬籠もり >>
登り窯


 丹波 立杭焼の里にて。

 登り窯の向こうに神社の白壁、ご神木が見えた。  このアングルで見るとなかなかおもしろく、ごく簡単にスケッチ(何しろ寒かったので)
 この後、篠山の猪肉専門店にて、鍋を突っつく。旨かったですよ。

 絵画クラブ(木洋会)で描きに来たのがもう2年前のこと。
 当時の写真と見比べると、皆さんそれほど年をとったようには見えない。まあ月に何度もあっているからね。
| テラ | 兵庫県内 | 18:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
毎度ついコメントしてしまってすみません。自分はコメントを閉じていますが・・・。コメントの返事を気になさらないで読み流して下さって構いません。
スケッチのアップを嬉しく拝見しています。
登り窯の土の色が心にピッタリときます。隙間から見える小さな景色からこの辺りが想像できていいですね〜。洗濯物まで見え、小さな四角の窓の効果に驚いています。テラさんの技量に感銘を受けています。
日替わりで素晴らしい作品を見せていただいて、本当にありがとうございます。
| ちゃぐまま | 2018/01/24 2:06 PM |
ちゃぐままさん

ここに立ち寄った後で食べた猪肉の鍋料理が美味で、帰宅後その勢いで加筆したのが良かったのでしょう。

何事もまず「喰う」ことから始まる・・・ですね。
| テラ | 2018/01/24 8:19 PM |









http://a-pencil.jugem.jp/trackback/2968
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE