絵筆と鉛筆 気ままな旅

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
<< 辺境の春 | main | 街角寸描 >>
写生会




 「木洋会」の写生会。今回は高砂市にて。
 高砂神社周辺を歩くとあちこちに古き良き時代の面影が多く残っている。
 題材には事欠かない。

 「木洋会」は本来木曜日に活動するグループであった。曜を洋に変えて発足。
 このあたりは発足当時の会員の皆さんの心意気としゃれっ気の表れでありましょうか。
 その後、活動日は水曜日に変わったが、名前は「木洋会」のまま。

 前任の講師である○○先生はたいへんな実力者であった。小磯良平も認める力量であった。
 ただ、指導は無茶苦茶なところもあったようだが、生徒さんからは批判やら愚痴は聞かない。
 これが本当の実力者の指導とも言える。
 私もマネをしたい面はたたあれど、実際にやれば直ちに首が飛ぶだろう・・・・。

 ○○先生は去る2月に88歳の長寿を全うされ永眠されました。合掌。        
| テラ | その他 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://a-pencil.jugem.jp/trackback/2734
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE