絵筆と鉛筆 気ままな旅

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
<< 春よ来い | main | 見上げる  >>
見上げる


淡路市生田畑  F3

坂道を登り切ったところでいきなり眼前に見えた古い民家。
見上げる民家もいいものだ。

近づいてみると、板壁が至るところ剥がれているた。
無人だ。
| テラ | 淡路市 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://a-pencil.jugem.jp/trackback/2730
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE