絵筆と鉛筆 気ままな旅 

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
<< 急流 奥入瀬 | main | 阿修羅の流れ 奥入瀬 >>
渓流


 ちょっと言い訳をしますと、この時期の奥入瀬は描きにくいです。類似色相なので。
 ポイントは流れの描写でしょうか。

 時々思います。
 北斎や広重がこの奥入瀬を描いていたなら、あのフランスの印象派の画家たちは、
 「びっくりぽん」を連発したに違いないと。
 ゴッホなんかは熱を出して寝込んだかも。
| テラ | 青森 奥入瀬 2016年6月 | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://a-pencil.jugem.jp/trackback/2654
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE