絵筆と鉛筆 気ままな旅 

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
<< 個展終了 | main | 個展出品作 3 >>
個展会場  ある日


ある日の会場。

この日はなぜか女性が多かった。


一番多かった質問は、
「大きな絵は完成まで何日かかりますか」と。殆ど絵を描かれない方からの質問ですが。
まあ、質問と言うより、朝晩の挨拶のようなもので、会話のきっかけをつくるには最適な言葉かもしれない。

ある男性は、友達にとうとうと作品の解説をしていた。それも二日連続で。端で聞いていた私も、その名調子と内容にうっとりしてしまった。
不思議なことに聴いているうちにだんだんと自分の作品ながらよく見えてくる。こんなことは初めてだった。

ある絵描き仲間の一人は一言も発しなかった。
だいたい、こんな場合は
「俺の方がうまい」と思っている事が多い。
その反面、やたら褒める男もいるが、これはすこぶる怪しい。
絵にはバランスが必要なように、話にもほどほどのバランスが必要・・・ですね。


自分は大勢の人間の前に何もかもさらけ出しているんだから、こっちだって一人一人を観察させてもらってバチは当たらんだろう、といろいろなことを思いながら過ごした8日間でした。

個展とは疲れますが、なかなか楽しいものです。
| テラ | 個展 2010 | 00:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
今日の一枚、拝見できてよかったです。
100号が勢ぞろいすればやはり壮観ですね〜。

ラリーマンだと自分の足跡がこのようにはっきりと
、壮観に、人を納得させるように見せることはできません。
個展を開かれたのは大成功でしたね。本当によかったですね。

私も会場の雰囲気がわかり、行けなかったけど何となく納得できました。
| ちゃぐまま | 2010/07/05 9:32 PM |
ちゃぐままさん
いろいろ勉強になりました。
個展とはある意味で恐ろしいことをやっているわけですが、得るものが多くあります。
| テラ | 2010/07/06 2:07 AM |









http://a-pencil.jugem.jp/trackback/1899
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE