絵筆と鉛筆 気ままな旅 

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
参道の石橋


八幡の厄神さんにて。

 参道に通じる石橋。ここはわき水の源。実にきれいな清水が流れている。
 石橋から手前に空を写す水面が美しかった。
| テラ | 加古川の風景 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
残り少ない桜を描く


 木洋会の野外製作。
 今日は八幡厄神さんで残りの桜を描く。折悪しく弁当の時間間近に雨降り始める。
 残念だが、皆一斉に引き上げる。
 雨に濡れた紙面に桜の花びらが数枚舞い落ちてきた。なかなかいい感じにて、
 そのままスケッチブックを閉じて帰る。ただ作品の見栄えにはまったく関係なくショック。

 それにしてもこのスケッチは良くない。したがっていつもより小さいサイズでアップします。
| テラ | 加古川の風景 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
桜 桜






 加古川市八幡町「厄神さん」の桜。

 今年の桜は気が短いのか咲くのがちと早すぎませんか。
 こちらにもいろいろと予定がありまして、、、、、、。
| テラ | 加古川の風景 | 10:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
夕日に


 稲美町加古大池にて。    夕日をバックに藁人形。 
| テラ | 加古川の風景 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
門  鶴林寺


 描いている横を団体の参拝客が通り過ぎていく。
 何人かは立ち止まるか、またはごく短い会話が生まれます。
   短い順にだいたい次の三つ。
 こんにちわ
 どちらから
 絵はお好きですか

 まあ、1分間も続きませんが!!!!  
| テラ | 加古川の風景 | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
菩提樹と沙羅の花咲く寺
       

       西国第27番霊場刀田山鶴林寺。

       今日は洋画クラブの写生会。
         木陰の下が時間とともに直射日光の下に。
       日光に当たるだけで疲れてしまった。軟弱です・・・・。

       菩提樹の花はほぼ満開。
       沙羅の花はまだ堅いつぼみでした。
| テラ | 加古川の風景 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
初冬の門

 鶴林寺東の門。

 三脚を立ててさあ描こうとしたとき、どこからかブラスバンドの音。
 市の行事に参加した中学校の吹奏楽部による演奏だった。
 
 その曲目がしゃれている。
 八代あきの○○・・・、森昌子の○○・・・、さらに坂本冬美の夜桜お七・・。
 演歌を管楽器の美しいハーモニーで聴けるとは、ましてや初々しい中学生の演奏。大変楽しかったです。

 
| テラ | 加古川の風景 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
横切る
| テラ | 加古川の風景 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
屋外へ


見土呂果樹園より都台方面を見る。
 天気もよく戸外で描く。生徒さんたちの作品も外気に触れて生き生きとしている。
 けたたましい警報音に携帯が振動した。直後足元が動いた。
 鳥取地震だった。
| テラ | 加古川の風景 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
老舗


 加古川市寺家町商店街。
 まさにシャッター通り。
 行き交う人に気兼ねせずに描けたが、やはり静かすぎる。
| テラ | 加古川の風景 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE