絵筆と鉛筆 気ままな旅 

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
おさなごや尿やりながら梅の花


 
| テラ | 小林一茶の句集より | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
サイフォン橋


 一茶の句集から中断しております。  兵庫県内の風景から一点。
| テラ | 兵庫県内 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
春風に箸を掴んで寝る子哉



 この寒さ。頭も手も動きが鈍って筆を持てず。
 さらにオリンピックが始まり気もそぞろ。
 やっと今晩一枚描けました。  
| テラ | - | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
壁の穴幸(さいわい)春の雨夜哉


 一茶にとって時空を超える通路が壁の穴であった。
 それを通して、故郷を思い、新しい年を迎え、また甘美な「春の雨」を眺めている。(玉城 司 解説)  また「初雪や故郷見ゆる壁の穴」と詠む。
| テラ | 小林一茶の句集より | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
入れ替え


  2日にアップした画像と入れ替えます。
  人物を描き変えました。
| テラ | 小林一茶の句集より | 21:57 | comments(1) | trackbacks(0) |
死支度致せ ゝ と桜かな。


 桜が死支度をしなさいと言う。死ぬ準備をしなければならないのかな・・働かずに喰っているだけだから・・・。


 私はほんの少し働いているので、もう少し生かせてもらえましょうか。
| テラ | 小林一茶の句集より | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちる花や已におのれも下り坂


 花散る無常、人もしかり。・・・・あまり考えたくないですね、それもこの寒い時期に。





 この廃船を見て一句。   「廃船や已におのれも下り坂」・・・おそまつでした。
| テラ | 小林一茶の句集より | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
ご神木

 
 丹波立杭焼の里にて。
| テラ | 兵庫県内 | 23:26 | comments(1) | trackbacks(0) |
鶏の人の顔見る日永哉


 長い冬が過ぎ春の日差しとなったのが嬉しいのかな、鶏も。
 一茶の顔をじっと見ている。
| テラ | 小林一茶の句集より | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
しなのぢや山の上にも田植笠


 信濃の棚田だな。山の上まで田植笠が見える。


 連日の寒波。今日はちょっと暖かそうな風景です。
| テラ | 小林一茶の句集より | 19:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE