絵筆と鉛筆 気ままな旅

旅先と日常の一こまをスケッチと写真で気の向くままに・・・・。
田植え前後


 4月の風景。

| テラ | 淡路市 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
牧場で描く


木洋会の野外制作で小野の共進牧場へ。
牧草とかすかに漂う牛の糞のにおいに、子どものころの記憶がよみがえってくる。
猛烈な暑さだったが楽しい一日だった。

傍らで幼稚園児達が先生の掛け声で牛の絵を描き始めた。
「牛のお目目は何色ですか。はいでは黒色を持って。」
「しっぽの先はどうなっていますか。毛がふさふさ」
・・・・なるほど、このように教えるのか、と納得。
私も教室でやってみようかな。
う?70歳まじかの平均年齢の皆さんには、ちょっと失礼か。いや大変失礼だ。
| テラ | 兵庫県内 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
田植え前 淡路市生田




5月15日の生田地区。
 暫くぶらぶらしている間にも一枚の田の田植えが完了していた。
 もう1週間もすれば小さな緑が田一面に揺らいでいるでしょう。
| テラ | 淡路市 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
明石城にて


 洋画クラブの写生会で明石公園へ。

   数十段の階段を一往復しただけでふくらはぎが痛い。
| テラ | 兵庫県内 | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
いたいはらしゅうらく 春
| テラ | 風景 国内 | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
芍薬咲く


 我が家の庭に咲いた芍薬。痩せた土地ゆえやや生育不良。
 もうちょっとしゃれた作品の前に置けば映えたか。
| テラ | | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
会話  板井原集落にて

 
 二人の女性は実際にこの場所にいたわけではありません。
 何となく人間を入れたくなりまして・・・。
 当然二人の会話が聞こえてくるでもなく、想像するしかありません。
| テラ | 風景 国内 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
春  板井原集落


 いい香りに誘われ近づいていくと、お婆さんがせっせと小さな枝の葉っぱをもいでいた。
 山椒の葉っぱだった。
 春の香りそのもの。 タケノコが食べたくなった。
| テラ | 風景 国内 | 20:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
久しぶり 板井原集落


 故郷での同窓会の後、板井原集落へ。
 過去2回の訪問で見落とした所を重点的に歩く。
 あの個性ある喫茶店には入らず。

 同窓会。
  今後も毎年続けるか、それとも5年後に開催するか、いろいろ意見が出たが、
  5年後だと極端に人数が減っているだろう。という不吉な意見も出て、
  結局毎年開催となった。

どんな魅力があって皆集まるのか、炊き込みご飯のあの味ですかな。      
| テラ | 風景 国内 | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
牡丹など。


絵画教室にて。
立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花。


 この花の提供者は元生物の先生でかつ校長先生。毎度ありがとうございます。
Check
| テラ | | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2016 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE